講座レポート

トーク&座談会 雨宮処凛さんを迎えて

実施日・講師

2014年3月9日(日) 14:00~16:30
【トーク】
雨宮処凛さんにインタビューし、ご自身が抱えてきた生きづらさや社会の現状と、それを変えるための取り組みをうかがいます。
聞き手:西村寿子(財団事務局長)
【座談会】
事前にお寄せいただいたみなさんの質問をテーマにお話します。
メンバー:雨宮処凛(作家)、白水崇真子(一般社団法人キャリアブリッジ代表理事)、西村寿子(財団事務局長)

講座紹介

イラストイメージ 自分らしく生きる ~生きづらさ、働きづらさからの解放を!
「未来につなげよう ~いのち抱きしめて」をテーマに、登録団体とす てっぷが力をあわせて3月9日(日)に「すてっぷフェスタ」を開催しました。メイン講演「トーク&座談会 自分らしく生きる」に雨宮処凛さん(作家・ 活動家)をお迎えしました。  
前半のトークは西村(すてっぷ・事務局長)による雨宮さんへインタビュー。雨宮さんが学校時代に感じていたことやイラクを訪れたことなど、ご自身の経験を交えながら、現在の生きづらさや働きづらさの背景や若者が置かれている現状を語られました。  
後半は若者支援を進める白水崇真子さん(一般社団法人キャリアブ リッジ代表理事)が加わっての座談会です。白水さんは「すべての大人は支援者になれます。親でも近所のおじさんでも、いろんな形で関われます」と支援について語られました。雨宮さんからは「これまでの活動で、声を上げたらちょっとは社会が変わることがあるとわかりました。ダメでいられる場があることでがんばれる場合もあるので、それが当たり前の世の中になれば」と、自分らしく生きることができる社会について話されました。  
参加者からは「生きづらさを感じていたがすっきりしました」「自己肯定感や権利について学べました」「人とのつながりが大切だと思いました」と感想が寄せられました。  
終了後の雨宮さんのサイン会も著書を持つ人の列ができ、盛況のうちに終了しました。

ページの上へ戻る