ドメスティック・バイオレンスで悩むあなたに

配偶者・恋人など親密な関係における暴力 ドメスティックバイオレンスで悩むあなたに
        ドメスティックバイオレンス(DV)は、配偶者や恋人など親密な関係において、相手を自分の思い通りにしようとする、あらゆる態度のことです。 
        暴力ってどんなこと?どうして暴力をふるうの?どうしたらいいの…?
        豊中市では、さまざまな窓口で、DVに悩み、苦しんでいる人をサポートしています。また、DVをきちんと理解することが、あなたが安全で安心した生活を送るための第一歩になります。

こんな経験はありませんか

怒鳴ったり、暴れて殴ったり…暴力は体にふるわれるものだけではありません
あなたを傷つけ、自分の思うままにしようとする、こんな行為もすべて暴力なのです

心を傷つける

怒鳴る、ののしる、馬鹿にする、けなす 何を言っても相手にせず、無視する
あなたが大切にしているものを壊したり捨てる など

自由を奪う

外出をさせない、外出を制限する、行動を監視する 働かせない、働き方を制限する
親や友人との付き合いをやめさせようとしたり、禁止する など

経済的安定と自立を妨げる

生活費を全くまたは少額しか渡さない借金を繰り返し、あなたに返済させる
あなたのお金を取り上げる など

身体を傷つける

殴る、ける、たたく、首を絞める 髪の毛を引っ張って、ひきずる
タバコの火を押し付ける など

子どもを傷つける

子どもの前で、あなたに怒鳴ったり暴力をふるう
子どもに起こった問題をあなたのせいにする
「別れるなら子どもは渡さない」「子どもに暴力をふるう」と言って脅す など

性の自由と安全を妨げる

嫌なのに無理やりセックスする 無理にポルノビデオや雑誌を見せる
裸やセックスの写真やビデオを無理やり撮る など

こんな風に思ったこと、ありませんか

ゆれたり、悩んだり…迷いながら、毎日をやり過ごしていませんか

そんなにひどい暴力じゃない

いつも暴力を振るわれているわけじゃない
それほどひどい暴力というわけではない

  • 暴力の過小評価をしていませんか?
  • 相手に「たいしたことない」と思い込まされていませんか?

いいところもある

暴力をふるっていないときはやさしい
子どもは可愛がっている。

  • 暴力をふるう人がいつも暴力をふるうわけではありません
  • 相手を悪く思いたくない気持ちになっていませんか?

自分にも悪いところがある

相手を怒らせるようなことをしてしまうから
家事をちゃんとできなかったから

  • 理由があれば暴力は許されるのでしょうか?
  • あなたが責任を感じてしまうことも、暴力の被害の特徴なのです。

いつか暴力をふるわなくなるんじゃないか

相手は謝っている
私さえ我慢していればいつか暴力をふるわなくなる

  • どのくらい我慢しましたか?いつまで我慢しますか?
  • その期待は、本当に現実的ですか?

私がいてあげないと

相手を本当に理解してあげられるのは私だけ
私しかそばにいてあげる人がいない

  • 自分を犠牲にしていませんか?
  • 相手はあなたの同情を引くことであなたをつなぎとめようとしているかもしれません。

しかたがない

どうしようもないから我慢するしかない
やしなってもらっているからしかたがない

  • 相手と付き合う前からそういうふうに思っていましたか?
  • あなたが無力感を感じるようになること、これも暴力の被害の特徴なのです。
ページの上へ戻る