こんな風に思ったこと、ありませんか

ゆれたり、悩んだり…迷いながら、毎日をやり過ごしていませんか

そんなにひどい暴力じゃない

いつも暴力を振るわれているわけじゃない
それほどひどい暴力というわけではない

暴力の過小評価をしていませんか?
相手に「たいしたことない」と思い込まされていませんか?

いいところもある

暴力をふるっていないときはやさしい
子どもは可愛がっている。

暴力をふるう人がいつも暴力をふるうわけではありません
相手を悪く思いたくない気持ちになっていませんか?

自分にも悪いところがある

相手を怒らせるようなことをしてしまうから
家事をちゃんとできなかったから

理由があれば暴力は許されるのでしょうか?
あなたが責任を感じてしまうことも、暴力の被害の特徴なのです。

いつか暴力をふるわなくなるんじゃないか

相手は謝っている
私さえ我慢していればいつか暴力をふるわなくなる

どのくらい我慢しましたか?いつまで我慢しますか?
その期待は、本当に現実的ですか?

私がいてあげないと

相手を本当に理解してあげられるのは私だけ
私しかそばにいてあげる人がいない

自分を犠牲にしていませんか?
相手はあなたの同情を引くことであなたをつなぎとめようとしているかもしれません。

しかたがない

どうしようもないから我慢するしかない
やしなってもらっているからしかたがない

相手と付き合う前からそういうふうに思っていましたか?
あなたが無力感を感じるようになること、これも暴力の被害の特徴なのです。