事業概要

事業名
一億総活躍社会実現のための豊中市チャレンジ就労支援事業~
「結婚・出産等で離職した女性の就労促進事業」
委託元
豊中市(市民協働部 くらし支援課)
実施期間
2017年6月29日~2018年3月31日
参加者実績
のべ142人

プログラム

お仕事リターンズ・プロジェクト(再就職支援)

A「短期集中講座」を中核に、フォローアップのC「就活カフェ」、D・E「個別面談」を実施しました。また、女性が働きやすい職場環境づくりの紹介としてG「企業向けセミナー」を開催しました。

A 短期集中講座
11日間の連続講座(定員18人×1回)|2017年6月、7月
6月
7月
B パソコン自習室
短期集中講座中の自習(定員18人×1回)|2017年7月
7月
C 就活カフェ
就活中の悩みを共有 何度でも受講可(定員10人×5回))|2017年10月から2018年2月
10月
11月
12月
1月
2月
D 個別相談(講座後)
短期集中講座受講者対象 個別で講師に相談(定員18人×1回)|2017年7月、8月
7月
8月
E 個別相談(相談室)
すてっぷ相談室での個別相談(就職準備相談を活用)|2017年7月から2018年3月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月
F Web活用術講座(HP制作等)
短期集中講座受講者優先 5日間連続ワードプレス講習(定員10人×2ターム)|2017年9月
9月
G 企業向けセミナー
企業の女性活用の事例紹介(定員30人×1回)|2018年3月
3月

事業の成果

18人中 15人 が再就職

正社員が1人。パートなど非正規雇用が多数となりますが、子育て中の方、シングルマザーさん、50歳代の方も就職されました。

就職先例:
市役所、病院、介護、建設、保育所、幼稚園、画材メーカー、販売等
派遣登録して試験監督、書店、大学など
職種例:
事務、医療事務、介護士、販売、テレワーク、英語講師アシスタント等
就活はひとり孤独な作業ではないことを実感

この講座に参加するまでは「ブランクが長い」「パソコンが苦手」「子どもをどうしよう」「仕事、家事、子育て、すべては無理かも」と、それぞれ悩みがありました。しかし、受講者、講師と話し合うなか「就活は一人で悩まなくていい。同じように悩む仲間がいるし、それをサポートするスタッフがいる」ことに気づきました。行政の就活相談を活用したり、仕事に関する情報を交換したり、みんなで助け合って「就職を困難にする」壁を乗り越えました。

自信をもって自身を生きること

最初は迷っていた女性たちも、少し背中を押されることで仕事復帰に成功しました。「やってみれば案外いける。とりあえず動いてみること。もし面接で失敗してもそれは経験として積み重なるもの」と講師は元気づけました。エクセル検定対策講座も全員合格し、いくつになってもやればできることを実感しました。人は自分の生き方を変える力を持っています。これからもすてっぷは、自信をもって自身の人生を歩む女性たちをサポートしていきたいと思います。