講座を修了された方の中からお二人に、講座を受けて思ったことやその後のことを伺いました。

今は自分と家族のバランスをとりながら働き、学ぶ時期

K.Tさん 年代40代前半 家族:夫、子ども2人(小学校6年、小学校1年)

仕事歴:
事務職正社員(大阪)→結婚→夫の転勤で東京へ。自身も同じ企業の東京支店に転勤し継続勤務→出産で退職し、約3年間子育て→単発で仕事をはじめる(派遣登録、アルバイトでピッキング、レジなど)→第2子を出産し退職。約3年間子育て→流通業界で単発のアルバイトをしていたところ常勤のパートに誘われ経理、人事の仕事を担当→2017年4月に夫の転勤で大阪へ

2017年より大阪で派遣会社に登録するなど単発で勤務

2017年4月に夫の転勤で大阪へ帰ったところ、講座「お仕事リターンズ・プロジェクト」のチラシを見つけさっそく応募しました。この講座はエクセルを学べることだけではなく、自分のキャリアの棚卸、子育てや家事と仕事のバランスなど働き方や生き方について、受講者みんなで意見交換しながら考えることができる場でもありました。「再就職に不安を感じていたのは自分だけではなかった。一緒に悩んで、話せる人がいる。相談できる人がいる」と心強く感じることができました。再就職の壁を、仲間と一緒に乗り越えた感じがしています。

この講座には1歳の子どもさんをお持ちのお母さんたちもいて、保育所に入れないことを悩んでおられました。「保育所に入れないと働けない。働いてないと保育所に入りにくい」という堂々めぐりになります。わたしは子どもが保育所に入れなかった期間は、日数は少なくても働き続けることが大切だと考え、子どもを夫に預けて土曜、日曜の仕事をしていました。小さい子どもさんを持つお母さんが働くにためには、夫の協力は欠かせないと思います。

今はまだ子どもが小学生なので、子どもにあわせた時間に働ける単発の仕事に的を絞っています。数社の派遣会社に登録し試験監督(大学入試、国家試験)や、大学の総務系の業務などに携わっています。インターネットの求人サイトやハローワークのサイトもよくチェックします。

夫は転勤があるので、これからは単身赴任も考えています。わたし自身は「今は、自分の都合と、子どもの都合のバランスをとりながら、勉強する時期」ととらえています。将来は正社員に復帰したいですね。そのためにファイナンシャルプランナーの勉強をスタートし資格試験に合格しました。この資格がいかせるような仕事を探しつつ、自分の世界を広げるチャンスがある新たな資格にチャレンジしようと考えています。また今まで経験したことのない業界にも挑戦したいと思います。

ブランクが長くても、周囲の力をかりて就活成功

L.Lさん 年代40代後半 家族:父、母

仕事歴:
商社の事務職、正社員→結婚→外国人の夫が開業し海外へ転居→16年間専業主婦→2016年に離婚し帰国→アルバイト

2018年2月より豊中市の一般財団法人でパート勤務

海外から帰国し日本で働く準備をはじめたときに、講座「お仕事リターンズ・プロジェクト」を見つけました。この講座では、面接のしかた、職務経歴書の書き方、言葉使いなど就職活動の基本を学ぶことができました。またエクセル検定に合格したことは大きな自信につながりました。事務を希望していたのでパソコンのスキルは欠かせません。商工会議所でワード、エクセル講座を受講したこともありましたが、こちらのエクセル講座は検定受検があったので毎日の授業に緊張感がありました。検定に向けて講師もアシスタントの方も丁寧に教えてくれました。わからないところを受講者同士で相談したり教えあったり、「みんなで力を合わせて合格しよう!」という良い雰囲気でしたね。結果、全員合格!うれしかったです。

この講座を受講するまでは「就職活動は自分ひとりでするもの」と思っていました。しかしここには、同じ悩みや課題を抱えた仲間がいました。そしてアドバイスしてくれるスタッフがいました。仲間と語り合うことが自分の抱えている課題解決のヒントになったり、講師の言葉に元気づけられたこともあります。就職活動はひとり孤独にしなくていいのです。あきらめなければ、行政の就労相談やハローワークなどの助けもかりながら、進めることができます。わたしは専業主婦としてブランクが長く「仕事はあるのだろうか」と心配していましたが、一歩進むことができました。今は仕事にプライベートに充実した日々を送っています。ここでつながった仲間、講師やスタッフに相談しながら、また次に進むためのプランを立てていこうと思います。